食パンレシピにチャレンジした時の話

 

 

食パンで色んなレシピにチャレンジしました

 

食パンでレシピの数が充実するかチャレンジしてみました。食パンと言えば、トーストしてバターを塗ってジャムを塗って…位しか思いつかなかったのですが、やってみればいろんなレシピがあることを知りました。

レシピ本やアプリを駆使したり、自分なりにアレンジをしてみたり、ちょっとした一手間でどんどんレシピが増えていくことが楽しくて仕方がありませんでした。

もちろん自分の試食だけではなく、家族にも試食を手伝ってもらって、鉄板レシピから豪華なレシピまで、取り揃えたのです。

食パンレシピの利点は、手軽に作れることです。トッピングで楽しむと思えばいろんなレシピが生まれます。

人の好みによって、いろんなアレンジを加えることも簡単にできちゃうのです。

 

食パンレシピにはまったきっかけ

 

食パンレシピにはまったきっかけは、子供の食べムラを克服するためでした。基本的に好き嫌いはないのに、食事から興味が逸れると食べることを中断してしまい、忙しい朝などには困り果てることが続いてしまったのです。

 

そこで、子供に食事に興味を持ってもらうためにも、食パンレシピのバリエーションを増やすことにしたのです。

和食も洋食も、おいしいと思えばなんでも食べてくれる子なので、とにかく彩りが大事だと最初はピザトーストから始めました。それから、いろんなレシピが増えるたびに「今日は何?」と楽しみに待つようにまでなってくれました。

 

食パンレシピで助かったこと

 

食パンレシピといえば、なんとなく洋風なものが多いイメージですが、トーストに納豆と海苔を乗せれば和風トーストですし、顆粒の中華だしで和えたもやしとコーンを乗せれば中華風にもなります。

ポイントは、ベースの味をきちんと覚えておくことです。仕上がった時の味のイメージがしっかりしていれば、どんな食材だって食パンでいただけちゃいます。

食パンレシピの狙いにもよりますが、子供や女性が食べたいと思うのは、何よりも見た目からです。見た目で「食べたい!」と思うのは、おいしそうだからというより彩が綺麗だからなのです。自分がカラフルで綺麗だな、食欲をそそる匂いだなと感じることができれば、食パンもたちまちに変身してしまうようです!

オルビスクリアの使い方

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました